無料相談 受付中
HOME 耕せ日記

どうせいつか終わるのならば

日付:2021.02.26 カテゴリ:耕せ日記

 

【どうせいつか終わるのならば】

みなさんどうも!

耕せにっぽん伊勢クロフネ校、寮長のニットです!

今日も視覚的に光り輝いてます!!👨🏻‍🦲✨

今回は、先日の終礼で自分が発言した

「残りの人生で後何回食事をするのだろう」

という疑問から始まった話をご紹介します。

その日のテーマがたしか「食への感謝」でした。

今、当たり前のように食べている料理が、

誰かが材料を作り、販売した物を買い、調理するというそれぞれの時間を浪して出来上がったものであり、

けっして「あって当然」のものではないというものでした。

その統括として僕が話したのが先の人生の残りの食事回数で、

あと70年生きるとしたら13食だと7万〜8万回ほどしかない。一回一回の食事を大切に、感謝していただくようにしていこうとまとめたと思います。

上手く纏まっているかとかそこら辺はちょっと置いておいて、その後食事に限らず今生きている時間を大切にできているか?と考えました。

これは残りの人生思ったより少ないからもっと建設的に生きなきゃ‥とかそういう焦るような話ではなく、

自分の人生が終わりを告げる時、自分がどうなっていたいか考えた事なかったなあ‥という僕自身の率直な気持ちでした。

これをみんなにも投げかけた時、

「やってみたいことすら最近考えられてなかった」

という反応があり、

「せっかく生きているのに、なんかそれってなんか勿体無いよね」

という共通認識が生まれました。

実際僕もそうで、目の前のことをなんとか頑張ろうとしている反面、未来の自己実現に関して最近考えられていませんでした。

目の前の仕事や自分の課題と向き合う時期、ということで今やってること自体はなんの間違いもないのですが、やはりそれに合わせて将来自分がどうなりたいかは定期的に思考を整理しておく必要はあるなあ‥と実感しました。

何より、みんなの「将来像」を聞くのはとてもワクワクします!僕もパワーを貰えます‥!

どうせいつか終わるのならば。悔いのないよう全力全開で生きていきたい!

みんなで助け合いながら、そんな前向きな雰囲気を頑張って作っていきますよー!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

耕せにっぽん引きこもり不登校

ご相談フリーダイヤル

0120-914-922(代表東野直通)

までお電話下さい

メール問い合わせ

info@tagayase.com

耕せにっぽんを紹介した番組

アメバTV放送

https://www.youtube.com/watch?v=Qo_Xzaa0W7c

インターネット番組放送

https://www.youtube.com/watch?v=y8SpASuCvaU&feature=youtu.be

過去の卒業生 のインタビュー番組

https://www.youtube.com/channel/UCOBie41ImrfceaFyjSWBLEQ

良ければご参考にして下さい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引きこもり・ニート・不登校の自立支援・社会復帰
農業生産法人 株式会社 耕せにっぽん
北海道安平町追分青葉2丁目76-1

TEL:0120-914-922
mail:info@tagayase.com
HP:https://www.tagayase.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
研修生一日の生活                北海道・石垣島・伊勢                研修施設のご紹介 入校から
卒業までの流れ
プラン・費用
について